• ホームページ

電子物理科学科

電子物理科学科は、時代を先導する学科の一つといって過言ではありません。現在、身の回りには様々な電子機器があふ科学技術を支えている「電子・光」についての基礎から応用にいたるまで幅広く学ぶことができます。電子と光に関する基礎理論の構築や新機能性物質を研究・開発する「物性物理」と、その物質を 1年次に共通の専門教育科目を履修したのち、2年次から各コースに分かれて学びます。どちらのコースでも、世界的に活躍している教員のもとで、充実した教育と最先端な研究の指導を受けることができます。電子物理科学科の卒業生は幅広い分野において活躍中であり、大阪大学のモットーでもある「地域に生き、世界に伸びる」人材を多く輩出しております。


  • ホームページへ

エレクトロニクスコース

エレクトロニクスコースでは、高度情報化社会の先端技術を支えるエレクトロニクスの基礎から応用までを幅広く学び、電子および光デバイスの基礎からデバイス開発、さらにはヒューマンインターフェイスを念頭に置いたシステム開発までに対応できる素養を培います。インターネットに代表されるグローバルなマルチメディア社会で不可欠な高品位情報の高速伝送と処理・再生を可能とするマイクロ波・光波回路やレーザー技術、さらに、高性能太陽電池、超高速コンピュータ素子や知能センサー実現のためのアモルファス半導体、高温超伝導体、強誘電体などの新材料創製とデバイス構成や半導体の原子・分子操作等、極限科学技術への挑戦を行い、21世紀の最先端エレクトロニクスをリードする実力を備えた技術者・研究者の育成を行います。

 

物性物理科学コース

物性物理科学は「未知の現象の探求」「新物質の創成」「新しい測定方法の開発」などを物理の実験と理論の両面から追及し、人類の自然観や 高温超伝導・量子情報・マルチフェロイックス・スピントロニクス・トポロジカル絶縁体など多岐にわたり、それらは将来のより安全・安心・省エネルギーな社会実現に向けた技術発展に欠かせない知的基盤となります。本コースでは、独創的な技術や工学を生み出す物性物理を基礎から応用まで幅広く学びます。まず、「力学・電気・磁気・光・熱・量子力学」に関する現代物理の基礎を学び、実験と演習によって生きた理解を得ます。さらに超伝導、ナノサイエンス、半導体、レーザー・シンクロトロン放射光、磁性などの応用物性物理を知るとともに、卒業研究では最先端の「電子と光の多彩な現象」を体験します。このように、21世紀の多方面の最先端分野で活躍できる応用力に富んだ若い研究者・技術者を社会に送り出すために、世界トップレベルの研究スタッフがきめ細かい教育に努めています。